HOME >> 衣裳一覧 >> 制作技法・素材一覧 >> 制作技法・素材 「唐織」

制作技法・素材 「唐織」

制作技法・素材 「唐織」
中国から伝わった織物で、西陣を代表する織物の技法の中のひとつ。
日本が世界に誇る伝統芸能「能」の衣装にも使われており、薄く織られた生地に糸を表面に浮かせて織り上げるので、
柄が立体的に見えるところが大きな特徴です。
柄の立体感、色彩豊かで重厚感・高級感のある唐織は、現代の錦地の中で最も高級とされる織物です。

能衣裳市松文様

J1002
能衣裳市松文様

薄桃色唐織松に鶴

I1006
薄桃色唐織松に鶴

唐織小花の集い

I1020
唐織小花の集い

唐織緑地金通し四季の花

I1051
唐織緑地金通し四季の花

このページの先頭に戻る